絶対に嫌なネックレス。

先日ネットのコラムを見ていると、変わったネックレスの存在を知りました。
それは人間の髪の毛を使ったネックレスです。

実際に販売されている訳では無く、一人の女性が大学の卒業制作として作った物です。
タイトルはとても印象的で『魅力と嫌悪』と言うタイトルです。

髪の毛を使う事で繊細な模様を作る事が出来ます。
糸よりも艶があり、それでいて細く丈夫な素材だと思います。
糸では作る事の出来ない綺麗なデザインになっているそうです。

人間の髪の毛だと知らされなければ、多分大ヒット間違い無しのアクセサリーになると思います。
しかし人間の髪の毛だと判っていればどうでしょうか。
多分付ける事を嫌がる方がほとんどになると思います。

今回の作品は見た目の繊細さがメインでは無く…。
それを身に着けた方がどう感じるのかと言うのを模索する事が目的です。

私は元々髪の毛の量が多く、いつも手入れに困っています。
髪の毛はその人の印象をがらりと変える事が出来ます。
艶がありまとまった髪の毛は大人しく上品な女性を演出する事も出来ます。
短くボブなどにすると元気で活発な女性を演出する事が出来ます。

髪の毛はお洒落には欠かせない物だと思いますね。

多くの女性や男性は髪の毛に気を遣っています。
綺麗に洗い抜け毛をなるべく出さないようにと、お金をかける方も居ます。
体の部分では特に大切に手入れを行っている場所だと思います。

そんな大切な髪の毛も、一度抜けてしまうと大切では無くなります。
部屋やお風呂場を掃除していると、抜け毛は大変邪魔な存在です。

体の一部になっている時は大切に扱われていますが、抜けてしまえばゴミ同然になってしまうのが髪の毛なのです。

ネックレスを作った女性は、抜けてからも尚魅力はあるのかについて追求したのだと思いますね(^^;)

繊細なデザインは確かに魅力的なのですが…。
魅力と嫌悪と言うタイトルがまさにピッタリな作品だと思います。

自分の髪の毛だとしてもネックレスにするのは遠慮したいと思いますね。
更に全く知らない他人の髪の毛だとしたら、身に付けたいとは思えません。

ちょっと不気味で綺麗なネックレスだと思いました。
さすがに商品化される事は無いと思いますが…。
写真では無く本物をこの目で見てみたいと思いますね。

Comments are closed.